どうも、今年の公演の演出をやらせていただく、かみかみです。

練習開始から3カ月ほど経ち、役者の方々の気合いも入りはじめ、練習が充実しだしたと思ったのですが、、、

正直まだまだ自分の演出力の未熟さを痛感してます。。。
エディマーフィーとか稲川じゅんじ出てくるんだから、、、ホントに力不足!!
自分の力がないばっかりに役者にはホントに苦労をかけます。これからも勉強しますんで、よろしくお願いいたします(((・・;)

でも、この日は見学者の方2名が来てくれましたが、その方々はとても楽しそうにしてたんで、ちょっと安心です(笑)
スポンサーサイト
初めまして! 5月に入団したゆっきーです。
どうぞよろしくお願いします。

さて。今日7月13日はかえるの稽古日でした。
基礎練習をばっちりやってから行った公演稽古は、
先週やった7場を振り返り、8場を飛ばして9場の半立ち稽古、
そして10場の立ち位置を確認しました。
わたくしゆっきーはスタッフなので主に見ていたのですが、
劇中でカッコつけるってむずかしいな、と思いました。
いや、現実でもカッコつけようと思ってつけるのはむずかしいのですが。
でもそれができたら、役者としては一皮むけるだろうし、
生身の人間としての場合は人生までもが開けちゃったり、
なんてことがあるのかもしれませんね。
例えば、稽古の時にもカッコつける例として出てきたような、
バーで「あちらの方から」とドリンクを差し上げたりして
素敵な出会いをゲットしたり。
・・・あれ?例え間違ってる、かも。
やっぱカッコつけるって、むずかしいですね。(え?)

最後1時間弱は滑舌の練習をしました。
2チームに分かれてお題を交互に言っていきます。
PK戦にたとえられていました。が。
言えたら座れて後ろの人の番になるのですが、
言えなければいつまでもいつまでも番が回ってきます。
そして負けたら腹筋運動がかかっているということで、超プレッシャー。
そのせいかみんな苦戦しました。
中には幾度となく引っかかる人もいて、最後は勝負がつきませんでした。
またの機会があった時はばっちり決めてくださいね!

以上です~。
どーも、団長です。

いやー、まさかですね!!こんなことが起こるとは・・・


まさかワールドカップ開催国であり、サッカー王国のブラジルがドイツに7-1で負けるなんて、まさか以外の言葉が見つかりませんよ。

この原因はいろいろ言われてますが、団長的にはネイマールよりキャプテンであるチアゴ・シウバが居なかったのが大きな要因かと・・・。
明らかに3~5点目はブラジルの雰囲気はおかしかったからね。

最初の失点シーンでは代理でキャプテンに任命されたダビド・ルイスがマークを外して失点。
↑これでダビドは余計なプレッシャーを背負いました。

2点目はクローゼ(ドイツ)の得点なんですが、これがワールドカップ通算得点ランキング更新となる4大会通算16点目。
今回のワールドカップが始まる前はブラジルの英雄・ロナウドが記録していた15点が最高だったので、まさかのブラジル戦で記録を更新されたわけです。しかもロナウド本人も会場入りしていたので、まさに目の前で・・・。
↑これもイレブンには動揺与えたのでは?

そんな状況でブラジルは混乱に陥り、あれよあれよと・・・結果7-1。

たらればを言えば切りがないけど、チアゴ・シウバ居て、チームに落ち着きを与えられれば、もう少し変わった結果となったかも。
まぁ、こんなまさかが起きちゃうからサッカーって楽しいんだけどね♪


あ、そういえばこのブログの更新はまさかの2週間ぶりだね。
まさか団長がブログ更新を忘れるとは・・・。

ちなみに先々週は、とある回想シーンを重点的に練習し、立ち稽古が出来るまでにしました。
そして先週は7・8場の半立ちしました。

今週のブログはここまで!
まさかの大半がサッカーの話題で終わらしてみよ☆テヘッ

PS.
劇団かえるも団長が居なくなったら、ブラジルみたいになっちゃうのかな?と考えたけど、うちの場合は大丈夫そうだな!うん